安藤デンタルクリニック

  • TOP
  • コンセプト
  • スタッフ紹介
  • アクセス・医院案内
  • TEL:047-383-9302
  • TOP
  • コンセプト
  • スタッフ紹介
  • アクセス・医院案内
文字サイズ
中
大

スタッフ紹介・求人情報

  1. TOP
  2. スタッフ紹介・求人情報

院長・スタッフの紹介、求人情報Introduction of the director, staff/Job Information

浦安駅徒歩5分の歯医者「安藤デンタルクリニック」は、虫歯や歯周病など、とくに歯のトラブルを防ぐための予防歯科を重視している歯科医院です。
こちらでは当院の院長スタッフを紹介しています。

当院長は話しやすい「人柄」と、さまざまな資格から裏付けされた「技術力」によって、地域の皆さんからご信頼いただいています。

現在、私たちといっしょに地域の皆さんのお口の健康をサポートしてくださるスタッフも募集中です。
ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

スタッフ紹介

院長紹介

安藤デンタルクリニック 院長 安藤正明

皆さん、こんにちは。
浦安市北栄1丁目の歯科医院「安藤デンタルクリニック」院長の安藤正明です。
当院では「いつまでもご自分の歯で食事を楽しんでいただきたい」という思いで、地域の皆さんのお口まわりの健康維持に取り組んでまいりました。

歯の健康は、全身の健康にもつながるものです。
いつまでの自分の歯でおいしく食事をしたい、楽しくおしゃべりしたいと考えておられる方は多いことでしょう。
ご高齢になってもご自身の歯を1本でも多く残すためには、虫歯や歯周病などの歯のトラブルを予防することが大切です。

ところが現状では、欧米など他の歯科先進国に比べて、日本人の80歳時点における歯の残存本数が10本以上も少ないのです。
これまでのように「歯が痛くなってから歯医者さんに行く」「虫歯になった箇所は削ればいい」といった考えでは、歯を残すことはできません。

歯医者は、「痛くならないように予防のために通うところ」です。
私たちは、患者さん一人ひとりに最適な予防治療と精密なMI(最小限の侵襲)治療によって、地域の皆さんの大切な歯をお守りしたいと考えております。
これからもどうぞよろしくお願いします。

歯科医師 院長 プロフィール

安藤デンタルクリニック 院長 安藤正明02

名前 安藤 正明
出身 山形県
血液型 A型
趣味 ランニング、山登り、スポーツ観戦
経歴 日本大学 松戸歯学部卒業
日本大学 松戸歯学部総合歯科入局
医療法人社団 若井歯科医院副院長
安藤デンタルクリニック 開設
所属学会・資格 日本臨床歯周病学会 認定医
日本臨床歯周病学会 歯周インプラント認定医
日本歯周病学会
日本口腔インプラント学会 専修医
日本小児歯科学会
日本歯内療法学会
日本インプラント臨床研究会
日本自家歯牙移植・外傷歯学研究会
臨床歯科を語る会
臨床歯科研究会歯考会
ドクターのご紹介

井上 敬文(矯正専門医)

名前 井上 敬文 (矯正専門医)
メッセージ 矯正治療を通して、皆さんが快適で幸せに過ごせるようお手伝いさせていただきます。
お子さんからおとなの方まで、歯並びのことはお任せください。
略歴 1996年 奥羽大学歯学部卒業
所属学会 矯正専門医
日本矯正歯科学会認定医
日本成人矯正歯科学会会員
東京矯正歯科学会会員
Word Federation of Orthodontists Fellow

安藤デンタルクリニック 院長 安藤正明/井上 敬文(矯正専門医)

スタッフあいさつ

地域の皆さんのお口まわりの健康のために、スタッフ一同、笑顔でサポートさせていただきます。
患者さんにご安心いただけるよう、丁寧な対応を心がけています。
お口や歯のお悩みは私たちにお気軽にご相談ください。

安藤デンタルクリニック スタッフ

院長先生インタビュー

[画像]医院外観01

――なぜこのエリアで開院されたのですか?

私は、山形県出身で浦安に馴染みがあった訳では無いのですが、開院するにあたって『地域密着型』というスタンスでやりたいと考えていました。
長く地域に根付いていきたいというイメージで、多くの家庭が集まる、落ち着いた場所を探してこのエリアを選びました。
歯のメンテナンスを通じ、患者さんと一緒に歳を重ね、20年後も同じ家族と関われていたら嬉しいですね。

――どのような患者さんが来院されますか?

住宅街に近接しているという事もあって、小さいお子さんから高齢者まで幅広い年齢層の患者さんが来院されております。
その中でも、このエリアは子どもの歯のケアに力を入れている親御さんが多いように感じています。
それもあり、「治療する」より「予防する」ための知識を親御さんに伝えることに注力しています。
その一環として、「キッズクラブ」をつくっています。
ここでは、“虫歯ゼロ“でよい歯並びの状況へつなげるための資料を渡して、来院の度にファイリング、成長過程がわかる記録帳を一緒につくっていく、というものがあります。

――成人の患者さんにはどのような対応をされていますか?

[画像][画像]安藤デンタルクリニック 院長 安藤正明03

成人の方に対しても基本的に同じ考えで、「どうやって歯を守るか」をメインで考え、その知識を伝えていくことに重点をおいています。
ただ、知識を伝えるにも症状や歯を失った理由などは人それぞれ違います。
口の中にすむ細菌も違うし、噛み合せも違うので、同じ治療をしても、長く持つ方もいれば長持ちしない方もいる。
ですから、その人の現在の口の状態や何が原因でそうなったか、まずは口腔内カメラなどを用い、一人ひとりの資料をしっかり取り、説明しています。
そして、その方に合った、『オーダーメイド』の治療から予防までの一貫したプログラムを提案して治療に取り組むことで、ただ口腔内の状態を“治す”だけでなく、治療後の虫歯や歯周病も未然に防ぐように取り組んでいます。

――診察する上で特に心掛けていることは?

『地域密着型』の歯科医院なので、特に苦手な分野をつくらないように努めています。
町医者となると、幅広い年代層の方が様々なお悩みを持ってご相談にいらっしゃるため、患者さんを選ぶのではなく、どんな時にもしっかりと治療をご提案できるよう、総合的な知識が必要だと考えています。
そして、日々の診療ではきちんと資料採取を行い、できるだけ精密な治療を行うだけでなく、治療内容を患者さん自身に理解してもらうため、わかりやすい説明をすることを心掛けています。
あとは、その方に合った治療を人生軸で捉えることですね。
通院されている方は年齢もバラバラですし、必要な治療も異なります。
そのため、患者さんの思いや人生も考えつつ介入するか、経過観察にするか、判断をするようにしています。

――治療方針にも掲げられているMI治療とは、どういった治療方法ですか?

[画像]医院外観02

最小限の侵襲で、最大限の治療効果を得ることがコンセプトです。
全ての歯科治療において言えることですが、例えば虫歯の治療においては、歯質や歯髄への犠牲を最小限に抑えた上で修復するような治療法を指します。
基本的に、人は免疫能力=自然に治癒する能力を持っています。
歯周病に関していうと、感染症の感染物質を取りさえすれば、あとは患者さんがしっかりブラッシングしたり生活習慣を改めることで、患者さん自身のもつ治癒能力で状態の改善が望めるのです。
ですから、医師が全部治すというのでなく、患者さんの協力が必要。
生体が戻す力を導くのが治療として有意義であって、患者さん自身がまったく介入しないというのは長く持たない治療だと考えます。

――最後に、今後の展望をお聞かせ下さい。

[画像]安藤デンタルクリニック 院長 安藤正明04

予防をベースに、一つ一つの分野の技術と知識の向上に取り組み、医院全体の総合力を上げていきたいと考えています。
ただ、より精密な治療を提供できる体制を整えるだけでなく、患者さんと連携して歯を残していけるよう、予防の重要性をお伝えしていくことには引き続き力を入れていきたいと思います。
私がしている処置は、「治す」ではなく「補っている」にすぎない、というスタンスは変わらず大切にしていきたいと考えています。
私が理想としている歯科医師の立ち位置は、患者さん自身の力で予防でき、自分でできないところを歯科医院がサポートする、というものです。
虫歯ゼロにするのは、知識さえあれば子どもでも出来ます。
そのための知識を、今後も発信していきます。

ページトップ

35.6657351,139.90018122065428

安藤デンタルクリニック

35.6657351,139.8976063