安藤デンタルクリニック

  • TOP
  • コンセプト
  • スタッフ紹介
  • アクセス・医院案内
  • TEL:047-383-9302
  • TOP
  • コンセプト
  • スタッフ紹介
  • アクセス・医院案内
文字サイズ
中
大

虫歯治療

  1. TOP
  2. 虫歯治療

歯が痛い~虫歯治療~Tooth hurts - caries treatment -

虫歯は、プラーク(歯垢)などに棲みついた虫歯菌によってつくり出された酸が歯を溶かしてしまう病気です。
お口のトラブルの中でもとてもポピュラーな病気ですが、罹患のメカニズムがわかっているので予防することもできます。
こちらでは、浦安駅徒歩5分の歯医者「安藤デンタルクリニック」が、虫歯を放置する危険性や虫歯の進行と虫歯治療についてご説明します。

初期段階の虫歯は「痛む」「しみる」などの自覚症状がほとんどないため、歯の異変に気づいたときには、かなり進行していることも多いのです。
当院では、できるだけ削らないMI治療を心がけています。
歯に少しでも違和感があれば、早めにご相談ください。

虫歯とは

[画像]虫歯とは

虫歯は早期発見・早期治療が大切な病気です。
小さな虫歯のうちに治療することによって、削る範囲も最小限に抑えることができるからです。
「がまんできる痛みだから……」と虫歯を放置しておくことは意味がありません。
虫歯は自然に治ることはなく、どんどん進行していってしまうのです。

当院では、「できるだけ削らない」「できるだけ抜かない」虫歯治療を心がけています。
お口に違和感がありましたら早めにお越しください。

虫歯を放置するリスク

[画像]虫歯を放置するリスク

虫歯を放置しても、患者さんにとってよいことはひとつもありません。
小さな虫歯のうちに治療すれば治すのも簡単です。
一方、放置しておくことで虫歯はいっそう悪化し、治療も困難になってしまいます。

治療が困難になるということは、治療期間が長くなるということ。
つまり、患者さんは何回も通院しなければならず、同じだけ治療費もかさんでしまうことになります。
重度の虫歯治療では痛みが増す可能性があるほか、まわりの歯に虫歯が感染してしまうリスクもあるのです。

当院ではMI治療を重要視します

[画像]当院ではMI治療を重要視します

「歯を削って詰め物をすれば虫歯は治る」とお考えの方がいらっしゃるかもしれません。
歯は削れば削るほど、将来虫歯などの病気にかかるリスクが増してしまうのです。
当院ではできるだけ削る範囲を抑える治療を心がけています。

このように削る範囲を最小限にするという考え方の治療を「MI治療」といいます。
「MI」とは「Minimal Intervention(ミニマル・インターベンション)」の略。
できるだけ生まれもった歯を残し、悪くなったところだけを削って修復する治療法です。

[画像]当院ではMI治療を重要視します02

MI治療の考えのもと、ごく初期段階の虫歯であれば、丁寧な歯みがきやフッ素塗布などによって歯の再石灰化を促すようにしています。
治療の際には削る範囲を最小限にするほか、お口の中の虫歯菌を減らしたり、メインテナンスを徹底したりなど再発予防にも努めています。

MI治療においてカギとなるのは、病気の早期発見です。
このためにも、当院では定期検診をおすすめしています。
とくに悪い部分がなくても定期的に歯科医院に通って、予防メインテナンスを受けるようにしましょう。

予防歯科についてくわしくはこちら

進行段階と治療法
虫歯の進行段階 症状 治療法
CO 初期の虫歯
[画像]CO 初期の虫歯
歯の表面がわずかに溶けている「脱灰」(だっかい)という状態です。
痛みはありません。
注意して見ると、少し白く濁って見えます。
歯の再石灰化という作用を促すことによって治る場合があります。
適切な歯みがきや歯科医院でのフッ素塗布などを行うとよいでしょう。
C1 エナメル質の虫歯
[画像]C1 エナメル質の虫歯
虫歯がエナメル質に達した状態です。
虫歯菌におかされた箇所が茶色や黒っぽく見えます。
痛みはまだありませんが、冷たい食べ物や飲み物がしみることがあります。
虫歯部分を削りとって、レジン(歯科用プラスチック)を削った部分に詰めます。
C2 象牙質の虫歯
[画像]C2 象牙質の虫歯
虫歯がエナメル質の内側にある象牙質にまで及んでいる状態です。
この段階になると痛みを感じたりしみたりするようになります。
歯の一部が黒くなっていることがよくわかります。
虫歯部分を削りとって、レジンで補います。
削りとった部分が大きい場合は、歯の型を採ってつくった詰め物(インレー)を装着することもあります。
C3 神経の虫歯
[画像]C3 神経の虫歯
虫歯が歯の一番奥にある神経まで達している状態です。
歯には大きく穴があき、熱い物がしみたり、何もしなくてもズキズキ痛んだりします。
神経を抜く治療を行います。
虫歯菌におかされた神経や血管をとり除く「根管治療」を行ってから、被せ物(クラウン)を装着します。
C4 末期の虫歯
[画像]C4 末期の虫歯
歯冠部分が虫歯菌におかされてボロボロになった状態です。
神経が死んでしまうといったん痛みはおさまりますが、歯の根っこの部分に膿がたまって再び激しく痛みだすこともあります。
ここまで重度の虫歯になると、多くの場合は抜歯しかありません。
歯を抜いた後は歯の機能を回復させるために、入れ歯やインプラント治療を行います。

ページトップ