安藤デンタルクリニック

  • TOP
  • コンセプト
  • スタッフ紹介
  • アクセス・医院案内
  • TEL:047-383-9302
  • TOP
  • コンセプト
  • スタッフ紹介
  • アクセス・医院案内
文字サイズ
中
大

審美歯科

  1. TOP
  2. 審美歯科

白い歯にしたい~審美歯科~I want to white teeth - Cosmetic Dentistry -

会話のときや笑顔を見せたときなど、口元からのぞく白い歯は魅力的ですね。
一方、以前虫歯を治療したときに被せた銀歯、歯の黄ばみや黒ずみが気になって、笑ったり話したりするときに思わず口元を手でおおってしまっている方はいらっしゃいませんか?

こちらでは、浦安市の歯医者「安藤デンタルクリニック」が審美歯科についてご説明します。
審美歯科では、金属ではなくセラミックの白い詰め物や被せ物を治療に使用します。
また、歯を薬剤で漂白するホワイトニングで、白く輝く歯を手に入れましょう。

審美歯科とは

[画像]審美歯科とは

歯科治療においては一般的に歯の機能を補うことを目標に治療が行われます。
このため、見た目の美しさは二の次になってしまうことがあります。
したがって虫歯などの保険診療では、銀色の金属の詰め物や被せ物が使用されることが多いのです。

一方、審美歯科では歯の機能の回復はもちろん、見た目の美しさにも配慮した治療を行います。
虫歯をしっかり治したうえで、白く美しく輝く歯を手に入れることにより、まわりの目を気にせずに笑顔になれる日々を手に入れましょう。

白い歯の与える印象

[画像]白い歯の与える印象

白い歯は、その人の笑顔を美しく魅力的に見せてくれるだけではありません。
白い歯には、まわりの人に対して、清潔感や好イメージを与える力があります。
昨今の日本においても、白い歯の重要性がみとめられるようになってきています。

[画像]白い歯の与える印象02

芸能人やタレント、アナウンサーをはじめ、スポーツ選手、政治家など、多くの人から見られる職業の方にとって、白い歯は欠かせません。
しかし、これは有名人にかぎることはなく、人と接することの多い職業においては、白い歯でよい印象をもってもらうことは大切になります。

たとえば、営業職や接客業の方、講師やインストラクターの方など、人前で話すことの多い職業は、他人から好印象をもたれることで功績が変わる場合があります。
また、就職活動時や結婚を控えた方などご自身の魅力を最大限にアップさせたいという方からも、「白く美しい歯」は注目を浴びています。

メタルフリーってなんですか?

[画像]メタルフリーってなんですか?

日本における歯科治療では、保険適用の素材が限定されており、このため銀色の金属などを使用することが一般的でした。
ところが最近では治療費はリーズナブルでも、白い歯列の中で目立つこと、経年によって黒ずんでくること、金属アレルギーを起こすことなど、歯科治療に金属を使う懸念点が知られるようになってきたのです。

そこで、金属を使用しない「メタルフリー治療」が注目されるようになってきました。
メタルフリー治療の中でももっとも普及しているのがセラミック素材を使った治療です。

銀やパラジウム合金などを使った詰め物の場合、保険適用のため安く治療できるものの、「目立ってしまう」「金属リスクがある」といたデメリットがあります。
一方でセラミック素材を使った治療では、自費診療で高額になりますが、さまざまなリスクを回避できるのです。

[画像]メタルフリーってなんですか?02

セラミックは強度と耐久性、美しさを兼ね備えており、機能面でも審美面でもご満足いただける素材です。
なお、白い詰め物としてレジン(歯科用プラスチック)を使用することもできますが、耐久性は期待できません。

またパラジウム合金やレジンの場合、元の歯と詰め物との間にすき間ができて、そこから虫歯になってしまうリスクも。
セラミックなら適合性がよく、虫歯再発リスクも減らせるのです。
さらにセラミックはまわりの歯の色にあわせてオーダーメイドで作製することが可能です。

審美歯科メニュー
  種類 特徴 メリット
詰め物 ダイレクトボンディングシステム
[画像]ダイレクトボンディングシステム
歯に近い硬さのハイブリッドレジンを歯に詰める治療です。
ただし虫歯の箇所が大きい場合など、症例によっては適用できない場合もあります。
  • 歯を削る量が最小限ですむ
  • 1回で治療が完了する
  • セラミックには劣るものの、詰める材料の進歩によって、美しさが長く持続する
  • 保険適用外だが、セラミックほど高くはない
セラミックインレー
[画像]セラミックインレー
セラミックでできている詰め物です。
歯を削ってから型を採取し、詰め物を製作して、耐久性の高いセメントで歯に接着します。
  • 審美性が高くほとんど変色しないので、長年使用できる
  • 接着力や耐久性に優れているので、虫歯になるリスクを減らせる
  • 金属を使用していないため、金属アレルギーの心配がない
被せ物 ジルコニアクラウン
[画像]ジルコニアクラウン
金属を使用しないオールセラミッククラウンの一種です。
  • 従来のセラミッククラウンよりも強い
  • 数本にわたる連結歯やブリッジなどにも対応できる
  • 金属を使用していないため、金属アレルギーの心配がない
  • 従来のセラミッククラウンよりも歯をより自然に白くできる
セラミッククラウン
(メタルボンドクラウン)
[画像]セラミッククラウン(メタルボンドクラウン)
従来から使用されている、セラミックを使用した被せ物です。
内面に金属を使用しているため、歯肉が下がった場合に金属色が出ることがあります。
  • 歯に近い自然な色あいとかたちを再現することができる
  • 耐久性に優れている
ハイブリッドセラミッククラウン
[画像]ハイブリッドセラミッククラウン
合成樹脂を強化する材質にセラミックが含まれている素材です。
オールセラミックに比べると、時間の経過によってやや変色します。
  • オールセラミックよりもやわらかく硬すぎないため、まわりの歯や咬み合う歯にダメージを与えにくい
  • 価格はオールセラミックよりリーズナブル
ホワイトニングをご存知ですか?

[画像]ホワイトニングをご存知ですか?

「しっかり歯みがきをしているはずなのに、鏡を見ると歯が黄ばんでいる」――といったお悩みはありませんか?
歯は加齢のほか、コーヒーや紅茶、ワインなど色の濃い飲食物、タバコのヤニや薬などによって着色することがあります。

着色してしまった歯を白くしたい方、「ホワイトニング」という方法はいかがでしょうか?
ホワイトニングでは、歯を削ることなく、薬剤によって歯を漂白します。 ホワイトニングではお好みの色調や明るさに調整することも可能です。

健康な歯を削らずに温存でき、またセラミック治療より費用が安いというメリットも。
当院のホワイトニングでは、「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」「ウォーキングブリーチ」という3つのメニューをご用意しています。
どの方法がよいか、お気軽にご相談ください。

[画像]オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングです。
高濃度のホワイトニング剤を歯に塗布してから、特殊なレーザー光を歯に照射することで、短時間で歯を白くすることができます。
個人差があるので、希望の白さを得るにはホームホワイトニングを併用することをおすすめします。

[画像]ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

患者さんのお口に合わせて歯科医院でマウスピースを作製します。
ご自宅で専用マウスピースに薬剤を注入し、お口に一定時間装着します。
毎日続けることで、次第に歯を白くしていきます。
オフィスホワイトニングを行った後のケアとしても有効です。

ウォーキングブリーチ

通常のホワイトニングでは生きている歯を対象としており、神経を抜いて黒ずんでしまった歯を白くすることはできません。
ウォーキングブリーチは、歯の神経が通っている管に漂白剤を注入して歯を白くする方法です。
このため神経を抜いた歯も白くすることができます。

ただし定期的に通院して、白さのチェックと、歯に注入した漂白剤の交換を行っていただく必要があります。

歯を失い入れ歯を検討している方へ

[画像]歯を失い入れ歯を検討している方へ

入れ歯は、失ってしまった歯を補う補綴治療において、もっとも普及している治療法です。歯が1本も残っていない場合は総入れ歯、失った歯に合わせる場合には部分入れ歯をおつくりします。また、入れ歯は保険診療と自費診療が存在し、耐久性や審美性などに違いがあります。

入れ歯のメリット
メリット デメリット
  • 保険の入れ歯なら安価でつくれる
  • 自費の入れ歯なら見た目や咬み心地の良さ、耐久性などを追求できる
  • 外科手術をしなくてすむ
  • 治療期間が比較的短い
  • 取り外しができるのでメインテナンスがしやすい
  • 全身疾患がある場合も適用できる
  • 入れ歯の種類によっては発音が不明瞭になるケースがある
  • 入れ歯の種類によっては味覚や触感、温度感覚などが損なわれてしまう場合がある
  • 保険でつくる入れ歯は見た目が不自然で、入れ歯だと気づかれやすい
  • 保険の入れ歯は装着時に違和感が出ることがある
合わない入れ歯で我慢している方へ

[画像]歯を失い入れ歯を検討している方へ

入れ歯を使用するにあたって大切なことは、ご自身に合った入れ歯をつくることです。お口にピッタリ合っていて、咬み合せが整っている入れ歯でないと、快適に使える入れ歯とは言えません。咬み合せが整っている入れ歯であれば、余計な力が加わる箇所もなくなるので痛くなく、固いものも咬むことが可能。また、自然には外れにくいものになります。当院ではどんな入れ歯も咬み合せを考えて入れ歯を整形。当院医師は口腔内を包括的に診ることができるので、その他の症状も見分けたうえで入れ歯の作製に移ります。そのため安心して咬める入れ歯と口腔内環境を手に入れることが可能です。

保険診療の入れ歯は、全国どこでも同じような入れ歯を作ることができ、素材や作製方法が限られています。食べた時の熱や、触感、耐久性など患者様がこだわりたいのであれば、自費診療をおすすめします。

ページトップ

35.6657351,139.90018122065428

安藤デンタルクリニック

35.6657351,139.8976063