安藤デンタルクリニック

  • TOP
  • コンセプト
  • スタッフ紹介
  • アクセス・医院案内
  • TEL:047-383-9302
  • TOP
  • コンセプト
  • スタッフ紹介
  • アクセス・医院案内
文字サイズ
中
大

インプラント・移植

  1. TOP
  2. インプラント・移植

インプラント・移植Implant/transplant

虫歯や歯周病などで歯を失ってしまったとき、そのままにしておくとお口の中の咬み合わせが乱れてしまいます。
すると、食べ物をしっかり咬み切れなかったり、発音が不明瞭になったり、頭痛や肩こりが起きたりなどさまざまな悪影響を及ぼします。

失った歯の機能を補う治療法として、入れ歯ブリッジインプラント移植治療などがあります。
こちらでは、浦安市の歯医者「安藤デンタルクリニック」が歯の機能を補う治療についてご説明します。
歯を失ってお困りの方、当院へお気軽にご相談ください。

歯の欠損について

[画像]歯の欠損について

「いつまでも自分の歯で食事したい」と思っていても、虫歯や歯周病、ケガなどによって歯を失ってしまうことがあります。
歯を失った状態にしておくと、「食事がしにくい」「話しづらい」といった不便さだけではなく、歯並びが悪くなったり、頭痛や肩こりを引きこしたりなど、からだ全体にさまざまな影響が出てきます。
健康的な生活を送るためにも歯の機能はしっかりと回復させましょう。
当院では、さまざまな治療法で患者さんのご要望にお応えします。

[画像]失った歯の治療

失った歯の治療

失った歯を治療する方法としては、大きくわけてブリッジ、入れ歯、インプラント、移植があります。
当院では、患者さんの症状やライフスタイルなどに合わせて、最適な治療方法をご提案します。

インプラント治療

[画像]インプラント治療

ご自身の歯に勝るものはないという考えのもと、歯の保存に最善をつくしますが、残念ながらどうしても保存できない場合やすでに歯を失っている患者様の、顎の骨に「インプラント」とよばれるチタン製の人工歯根を埋めこみ、その上にセラミック製の人工歯を装着する治療方法です。
見た目の美しさと機能を兼ね備えた治療で、まるで天然歯のような咬み心地の歯を手に入れることができます。

安心・安全なインプラント治療のために

歯周病や根尖性歯周炎(根の先に膿がある状態)に罹患している場合には、先にこれらの治療を行う必要があります。これらの治療をされずにインプラント治療をした場合、後にインプラント自体が感染してしまう恐れがあります。長期にわたりインプラントを使用していただく為には大変重要な事なのです。

こういった治療を含め、外科的治療を伴うインプラント治療なので、特に精密な診査診断のもと、専門的な技術力が試される治療といえます。しっかりと滅菌消毒された器具を使用することで、治療の際の感染を防ぐことも大切です。

  • 歯科用CT
  • 滅菌器
  • 日本口腔インプラント学会認定医

当院では、患者様の歯や骨の状態をより正確に把握するためにCT撮影も行っております。患者様に安心してインプラント治療を受けて頂くためには、骨の状態を三次元的に解析するCT診断が不可欠です。CT撮影をなさらずにインプラント治療を行うことは医療事故を招きかねないからです。

  • 症例
  • 症例

※インプラント治療についてご相談等がございましたら、お気軽に当院スタッフまでお尋ねください。

歯を失った時の選択肢 歯牙移植

歯の移植とは、保存できない歯を抜いた後、その場所へ機能していない歯を抜いて埴立します。 適切な条件がそろえば、歯の移植が可能です。

移植するメリット

[画像]入れ歯(ノンクラスプデンチャー)

最大のメリットは、歯根膜(顎骨に歯を固定させる靭帯のような組織)も同時に移植できることで、噛み心地が正しく脳に伝達されるため通常の歯の感覚を保つことが可能となり、この点がインプラントとの決定的な相違なのです。
インプラントが人工臓器(人工歯根)の移植であるのに対し、 歯牙移植は天然臓器の移植です。

歯牙移植

[画像]歯牙移植

歯が抜けた部分に、患者さんご自身のほかの歯を抜いて移植する治療法です。
メリットは、歯を支えている「歯根膜」という組織もいっしょに移植できること。

お考えの方へ移植には条件があります

歯牙移植を行うことができる方には条件があります。下記を満たしている場合のみ可能となりますので、お考えの方は一度精密な診断をお受けください。

・不必要な歯(ドナー歯)がなくてはいけない。
・移植する歯が歯周病にかかっていない歯であること。
・移植する歯の根が単根か複雑な形ではないこと
・移植する場所に歯の大きさが類似(サイズがあってる)している事。
・患者さんが比較的若いかたであること(40歳ぐらいまでが予後は良い)

ご自身が条件を満たしているかわからない方は、一度ご相談ください。

ページトップ